IQ(頭の知能指数)が伸びる

右脳教育の効果についてよく言われていること、
それは頭の知能指数(IQ)が伸びるということです。
ここでは少しIQについて考えてみたいと思います。

IQ(Intelligence Quotient)とは、知能検査の結果を表す数字のことです。
「生活年齢と知能年齢の差」を基準としています。
IQは、高いほど知能が高く、
低いほど知能が低いことをあらわし
平均値は100となります。
(主流の検査での最高値は160程度で、最低値は40程度)
ただIQは正確にはかれるものではなく、あくまで推測値です。
・同じ人でも、別の知能検査で測れば異なるIQが検出される。
(知能検査にはいろいろな方式があります。)
・同じ知能検査でも2回目以降はIQが高くなる。
・体調によっても結果は変わる。 等
知能検査によって、
「大体何歳程度の知能を持っているか」を推測することができますが、
数字は、あくまで知能の発達の早さを意味するものです。
異年齢の他人との数字の単純な比較によって直ちに天才的であるとか
成人より高知能であるとかを断定することはできません。
参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
以前、私は、とある早期教育にかなり熱心な幼児教材の
資料請求をしたことがあるのですが、
そこには、
3歳児でIQ202達成!とか平気に書かれてありました。
それは年齢におけるレベルをはかった数値です。
早期教育を行っている子供と、行っていない子供を比較して、
行っている子供がIQの数字が高くなるのはごく当たり前のことです。
一時期のIQ値を喜ぶのではなく、
それが年齢があがっても、
継続できるか
どうかが問題だと思われます。

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら