右脳の力

右脳の能力ですが、現段階として、まだまだ研究段階であります。
詳しく知りたい方はこちらへ→根拠役割
ここでは、一般に世間でとらえられている概念について掲載しておきます。

左の脳が言語脳とよばれるのに対して、
右の脳は別名「イメージ脳」と呼ばれおり、
見たまま、感じたままにイメージとして物事を認識したり、
記憶力・思考力・ひらめきの力・直観力・絶対音感 など
左の脳にない特殊な能力をたくさん秘めていると言われています。
そんな右の脳ですが、
多くの人は左の脳ばかりを使って生活しており、脳の比率の1割程度しか使っていないと
言われています。
この比率を増やすカギは、幼少期にあります。
0歳から6歳までの幼児期には、
右の脳が優位に働いているので、
この脳が柔らかい時期に、
適切な刺激を与えることによって、
活性化し簡単にその能力を発揮するようになるようです。
鉄は熱いうちに・・・。
という諺がありますが、まさにその通りのようです。
右の脳の力については、
まだまだ未知数なところがたくさんあり、
こうだ!と断言することはできませんが、
右脳教育によって、何らかの効果が得られているのは確かなことです。
(効果があるので、早期教育として批判を受けることがよくあります。)
参考:早期教育では?
幼児期の教育をどうするかは、
親にかかっています。
右脳教育を選ぶのか、普通の幼児教育を選ぶのか、
それとも特殊なことはせずに、ただのびのびと育てるのか。
決めるのは親です。
親の目線で、慎重に判断をしてくださいね。
clo43.gif

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら