左脳の力

研究により左脳は、「言語脳」(言語をつかさどる脳)とよばれるようになりましたが、
その他の能力については、実はまだまだ研究段階の域を出ていないのが現実です。

詳しく知りたい方はこちらへ→根拠役割
ここでは、科学的根拠はまだ実証されてはいないのですが、
一般に世の中で理解されている「左脳」の力について掲載しておきます。
左脳は、言語脳(言語機能を処理する脳)と理解されています。
具体的には、
・右の脳で感じた映像やイメージを、ゆっくり処理する。
・理解と言語を中心とした働きで、分析力や理論性に優れる。
と言われています。
また日常的には、人間は左脳を中心に生活しており、
左脳→9割 右脳→1割 といった割合になっています。
社会生活を営んでいくのに、
とても大切な役割を担っているのです。
最近の右脳ブームによって、
左脳に対する評価が低くなっているようですが、
それはとても残念なことです。
両方の脳をバランスよく伸ばしてやることが大切です。
いくら右の脳の能力に優れるようになっても、
それを表現する能力をつかさどっているのは左脳といえるのですから。
col34.gif

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら