七田 はっぴぃタイム 体験談 3週間後~書けなくても読める

いつの間にか3週間が経過・・・。
時が過ぎるのは早い・・・。子どもの成長も早い・・・。

七田式 右脳教育 「はっぴぃタイム」を使って、3週間がたちました。
そろそろ次月号が来る気配がします。
この3週間、DVDは、毎日見ました。
フラッシュカードは動物とクレヨンは、
インプットされたようで、
画像がなくても、たまに一人で口ずさんでいます。
(国旗は難しく、最初の3つぐらいしか言えません。)
ドッツも1~20まで言えるようになりました。
緑の100玉そろばんは、あいかわらず
「ピーマン!ピーマン!」を連呼しております。
来月は違った色になるのかな・・・。
そしたら、娘は今度はなんていうんだろう・・・。
赤はリンゴ、黄色だったらバナナー!と連呼するのだろうか?
ひそかな母の楽しみです。
毎日1回、かかさず見せていたので、
DVDは飽きてきたような気がします。
途中で違うことを始めてしまったりするのですが、
「これはこれでいいのだ」と
七田先生のコメントにあったような気がします。

見てなくても、耳はしっかりと聞いているようですよ。

プリント(ワークブック)も、
気に入ってくれて、
毎日毎日楽しんでいます。
ご褒美シールを集めるのに夢中で、
とうとうMyノートまで作ってしまっていました。
最近、プリントが「あ・い・う・え・お」の練習になったのですが、
これは、まだ早いようで、
いつも、ポチっと点を書いて終わっています・・・。
けれど、書けないけど、読めるんですよ~。
絵本で同じ文字を見つけると、
「あ」だね。「い」だね。
と教えてくれます。
こうやって、文字や数字をどんどん覚えていくので、
やっぱり七田教育ってすごいなと、改めて思っています。
絵本は、ぜんぜん読んでません・・・。
もうちょっと、改良が必要なのではと思うのは私だけでしょうか・・・?
特に我が家には絵本がたくさんあるので、
あえて、七田の絵本でなくてもよいと思います。
心の教育は絵本のプロに任せたほうがいいと思います。
EHON CLUB 絵本ナビの絵本クラブ

どうせなら、絵本より、
「フラッシュカード」や「ドッツカード」を教材につけてくれた方が、
私は嬉しいのだけれど・・・。
そんなこんなで、
3週間。
きっと今週中には、2回目が届くと思います。
楽しみだな。
はっぴぃタイムの詳細を知りたい方はこちらへどうぞ
【 はっぴぃタイム 】右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム

2007_06250055.JPG
●娘のプリントご褒美ノートを公開です。

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら