右脳教育は英才教育なの?

私は「右脳教育を始めたんだよ」と友人に話すと、
「英才教育してるの?」と言われたり、
「意外に教育ママだったんだ~。」と言われたりすることがよくあります。

あまりに頻繁に言われるので、
一時期、友人には右脳教育をしていることを内緒にしたりした時期もありましたが、
七田式の、右脳教育・左脳教育・心の教育 に触れるうちに、
「どうして恥じることがあるのだろう」と思うようになり、
それからは、友人に逆に薦めるようになっています。
七田式は、
詰め込み型のいわゆる「英才教育」とはタイプが違います。
右の脳への回路を作ることが目的なので、
知識の習得は付随的なもの、後からついてくるものです。
ですので、私は英才教育ではないと思っています。
教育ママといわれることに関しても、
私は、子供を天才児にしたくてやっているわけではなく、
将来子供が楽に物事ができるようになること
願ってやっているのです。
こんなメリットがあるのですよ。
○直観力が身につく。
○判断力が身につく。
○アイディアが豊富になり、センスがよくなる。
○器用になる。
○記憶力がよくなる。
○物事に集中できるようになる。
○左と右の脳とのバランスがとれ、精神的に安定する。
○物事を、そつなく行動できるようになる。
○量を一目でとらえられるようになる。
○複雑な計算を、迅速に行えるようになる。
○語学習得能力が身につく。
○絶対音感が身につく。
こんなにたくさんの能力が身につくのです。
知識を詰め込むのではなく、能力を高めることに意味があるのです。

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら