トレーニングすることは、子供の負担になるのでは?

右の脳をトレーニングをすると、なんだか子供にとって負担になるような気がしますよね・・・。

そもそも、「教育」と名前がついているのですから、
何もしない状態(特別な幼児教育を何もしない場合)と比較すると、
なんらかの負担にはなるのではと私は、個人的には考えています。
ただ、右の脳の教育の世界では、
詰め込み型の左脳教育と性質が異なるために、
子供の負担になることはあまりないと、
考えられているようです。
また、七田の「はっぴぃタイム」のパンフレットには
脳細胞は何百億個もあるために、
いくら情報量を入れても全く問題がないと、
掲載されています。
※ただし、子供が「もう今日はしたくない」と言った時は、
脳はこれ以上は受け入れないので、
その日は無理やり押し付けてはいけないそうです。
脳のことは、まだまだ未知数であり、
科学的にも実証されていない部分がたくさんあります。
私は医者でも研究者でもないので、
断定的なことはいえないのですが、
親としては、
少しでも子供の負担になっているのを感じたら、
取り組みをお休みするか、
潔くやめることも考えるべきなのではないかなと
個人的には考えています。
それはどんな幼児教材にも共通なのでは
ないでしょうか?
みなさんの意見はどうでしょうか?

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら