七田式 右脳教育とは

幼児教育に興味をもっていいる方ならば、
一度は「七田式」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

七田式とは、現在の日本の幼児教育の中で、
代表的ともいえる右脳教育の方式で、
創始者の「七田眞先生」の苗字をとって「七田式」と名づけられています。
七田式の教育は右脳教育とはいっても、
右脳のみの教育に偏ることをよしとはせず、
左脳も、そして心の教育にも熱心に力を注いであります。
「右脳教育は早期教育だからちょっと・・・。
なんだか英才教育じゃないの・・・。」
とお悩みの方にも、
七田式は1つに偏るのではなく、バランスにとれた教育法なので、
安心して取り組むことができると思います。
「七田式」は、
心の発達を一番大切に考え、
子どもが本来持っている能力と好奇心を
七田ならではの「遊び」の要素をふんだんに取り入れたオリジナルプログラムを使って、
無理なく、楽しみながら育てていきます。
そして年齢を重ねても右脳の能力が失われることなく、
才能をいかんなく発揮できるようにするとともに、
右脳・左脳をバランス良く育て、
豊かな個性や感性、創造性や人間性を備えた、
21世紀が求める人材を育成してくれます。

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら