「はっぴぃタイム」1日の流れは?

「はっぴぃタイム」は、毎月家庭に届く定期便。
中身は、「DVD」と「ワークブック」と「絵本」の3本立てです。
※もっとはっぴぃタイムは、「絵本」のかわりに、
「付録」(一風変わった玩具や、カードやCD等)になります。
これらは、一体、どんな1日の流れで取り組めばいいのでしょうか?

私の娘は、朝7:00起床。
8:00に元気に保育園へ向かいます。
園で、クタクタになるまで遊び、家に帰るのは18:00です。
夕ご飯を食べて、お風呂に入って、寝る支度をしていたら、
あっという間に20:00過ぎになってしまうんです。
そんな我が家の取り組みは、
すべて夜に集中させてしまっています。
■夕ご飯→ワークブック(プリントのようなもの)2枚→お風呂→
しちのすけDVD→絵を描いたりして一緒に遊ぶ→絵本(3冊)→就寝
全部すませると、あっという間に21:00で、
一緒に寝てしまいます。
(パパが帰ってくる頃、私は起きますが・・・。)
こんな感じに、きちんと決まった時間に行うことが、
習慣づける為に、大切なのですが、
親としては、
ご飯を作ったり、お風呂を入れたり、歯磨きさせたり、
ワークブックしたり、DVDで一緒に踊ったり、絵本読んだりで、
目が回りそうです。
(実際DVDは30分程度、ワークブックは10分程度で終わる取り組みなのですが・・・。)
うちの娘は、私と一緒に遊ぶ(DVDもワークブックも遊び感覚で取り組めます)
時間が増えて、かえって喜んでいますが。
はっぴぃタイムをやっている人に聞くと、
ワークブックは朝やってるよ!
という人が多いようです。
(私は朝は掃除・洗濯タイムなので・・・。ちょっと無理かも)
お昼もやる時間がある家庭ならば、
午前と午後にわけてやるといいですね。
自分のライフスタイルに合わせて、
生活の一部として、
習慣化してみましょう。

その習慣は、きっと子供が、大人になっても、
大切な宝物になってくれると思います。
教材についてもっと、詳しく知りたい方はこちらへ
話題の七田式右脳トレーニングがご家庭で!【 はっぴぃタイム 】で右脳トレーニング!

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら