七田 右脳教材 はっぴぃタイム プリント(ワークブック)vol.1

七田 はっぴぃタイムには、ピンクと水色のワークブックが毎月2冊送られてきます。

2007_07020019.JPG
このワークブックですが、
ピリッと上部がはがせるようになっていて、
はがすと、七田式のプリントになります。
左のピンクのワークブックは、「もじ+みぎのう」
右の水色のは「かず+みぎのう」とよばれています。
毎日1日1回、1枚ずつ取り組みます。
24枚ずつあるので、1ヶ月で2冊をきっちり終えることができます。
(※ちなみに、この七田プリントは日曜日はお休みです。)
Vol.1の内容は以下の通りです。
「もじ+みぎのう」
・物と物を線でつなぐ
・物と文字を線でつなぐ
・迷路
・文字(あいうえおのみ)
・種類わけをする(動物・虫)
・パズル 等
「かず+みぎのう」
・数字を読む(1~10のみ)
・数字をなぞる
・数を数えて数字を書く
・同じ数の物を線でつなぐ
・2つの正方形の中のドッツを比べて、多い方に直感で○をする  等

-私の評価-
———————————
【継続度】      ★★★★★
【楽しさ】       ★★★★★
【内容の充実度】 ★★★★★
———————————
【コメント】
私の娘は2歳8ヶ月だったので、
鉛筆でとりくむプリントタイプの物はまだ無理だろうと
思っていたので、
あまりワークブックには期待していませんでした。
(3歳過ぎてからやればいいかなと・・・。)
だって、鉛筆さえまともに持たせたことがなく、
クレヨン程度のラクガキしかさせたことがなかったのですから。
でもまぁ、とりあえず試してみようと
娘に渡したところ、
娘は、案の定、少し困惑した表情を見せていました。
いきなり椅子に座らせて、鉛筆を持たせられたらあたりまえですよね・・・。
でも驚いたことに、ちゃんと鉛筆をもって(握って)、
はじめての鉛筆の感触を楽しんでいましたよ。
その日から、
なんと、
この七田プリントは娘のお気に入りに。
毎日、夕食後に取り組むことにしているのですが、
夕食後にプリントを忘れて、私がそのままお風呂に入ろうとすると
「えんぴつは?」「えんぴつやってからお風呂でしょ?」
と毎日、催促してくるように・・・。
意外や意外、二歳児でも、ワークブックは有効でした。
内容も、難しいものが多いのですが、
たとえできなくても、
できた部分を見つけていっぱい褒めてあげると、
とても嬉しそうにしています。
またその時はその問題ができなくても、
何日かたってから、もう1度聞くと、簡単にできたりします。
右脳を使っているので、
知らず知らずのうちに頭は記憶しているようです。
覚えてないと思ってたのに、実は覚えていたんじゃん~。
ということが、
生活の中でチラホラ現れてくるので、
驚かされることが多いです。
たとえば、時計の「7」の数字を見て、「ななの時間だね」と言うように・・・。
pen.JPG
★まだ2歳だけど、様になってます。笑
はっぴぃタイムの詳細を知りたい方はこちらへどうぞ
【 はっぴぃタイム 】右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら