七田 はっぴぃタイム 絵本 Vol.2 ~おおきいほうがいい

vol.1の「こまったこりす」の感想で、
ちょっぴり辛口のコメントをしてしまいましたが、
今回、私はやっとわかりました!
七田の絵本の意図するものが・・・。

実は、私は初回にもらった「はっぴぃタイム ガイドブック」を
あらためて読みなおしてみたのです。
そこには、七田のオリジナル絵本について、
こう記されていました。
絵本
内容:小さなお子さまにも親しみやすいシチュエーションながら、
大きな心、優しい心を育てる内容のオリジナルストーリーを用意しました。
そうなんです、
七田のはっぴぃタイム絵本は、
物語の中に、あえてシチュエーションを設定いて、
そのシチュエーションを通して、
子供達に語りかけ、考えさせるように作られているから、
大人にとっては、
「なんだかわざとらしい内容だなぁ・・・。」という風に見えてしまうんですよね。
世間一般に読まれている絵本とは
質が異なるものなのです。
そう考えていくと、
この絵本も違ったようにとらえることができてきます。
今回、我が家に来た絵本は、
「おおきいほうがいい」という絵本。
はっぴぃタイム絵本 vol.2
内容は、
ブランコを独り占めしていた、
ポンが、友人から誰にも相手にされなくなってしまいます。
そこにポンのおじいちゃんが登場。
「大きいケーキと小さいケーキどっちがいいかな?」
「大きい心と小さい心はどっちがいいかな?」
「自分だけすべりだいで遊んで、みんなとかわってあげない友達は
心が大きい?小さい?」
と、ポンに優しく教えてくれます。
イラストはとてもはっきりしていてわかりやすく、
内容も身近で、そしてよくありがちな場面を想定して作られています。
この絵本によって、
子供達は、「譲り合いの心」を学んでいくことでしょう。
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら