七田 はっぴぃタイムズ vol.3

「1日30分の絵本の読み聞かせは、金の卵を産む鶏を育てる」

今回のはっぴぃタイムズでは、
七田眞先生は、
「1日30分の絵本の読み聞かせは、金の卵を産む鶏を育てる」

ということについて語っていらっしゃいます。
脳のしくみでいえば、
「読書」は右脳・左脳の両方を使う働きをし、
特に、左脳から右脳への流れを強くする
のだそうです。
読むことは、
文章を場面や情景として頭の中に具体的に描きだし、
再構成する力を育ててくれます。
これがイメージ力です。
この能力があるかないかが、子供達にとって、
将来の学力の有無に大きくかかわってくるようです。
1日30分。
毎日3~5冊を、
幼いうちから習慣づけし、子供達の想像力を広げてあげましょう。
はっぴぃタイムについて、詳しく知りたい方は、
こちらへどうぞ

【 はっぴぃタイム 】右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム

sagwa★七田式の右脳教育を実践するならこちらがおすすめ
「七田式」や「はっぴぃタイム」についての詳しい情報はこちら