七田式CDで「百人一首」がすんなり覚えられた!

娘が小学生になる前にやっておいてよかったと思った
アイテムをご紹介!

それは、しちださんのCDの暗唱文集「百人一首編」です。

☆七田式(しちだ)CD教材☆ 暗唱文集「百人一首編」☆【メール便対応可】10P11Mar16

私自身、小学生の時に覚えられなくて苦労した経験から
(転校先の小学校が百人一首大会をやる小学校だったのです。(-_-)
手も足もでませんでした・・・)

どうせ覚えなきゃいけないなら、
娘には早めに教えておこうと思い、
このCDを、幼児期から娘にかけながししていました。

このCDのすごいところは、
百人一首を読みあげる声が、

大人ではなく、子供なんです♪♪

かわいらしく、はきはきと読み上げる百人一首の元気な声が、
「古文」という言葉の垣根をあっさりと越えさせてくれます。

それに2倍速、4倍速などと、スピードアップして聞かせることもできるので、
倍速の言葉が面白く、
よけいに子供の耳に残りやすかったみたいです。

娘は幼児でありながら、
たくさんの和歌を覚えて小学校に入学しました。

入学後はいそがしくて
ほとんどCDは聞かせていませんでした。

そして、3年生頃からでしょうか、
百人一首が「国語」に出てきて、
昼休みなどにみんなで勉強をかねてカルタ取りをするようになり、

そして5年生の時に、
学年で主催された百人一首大会でみごと優勝!!
110人中1位となったのです(^_-)

幼少期に聞かせた効果は間違いなくでた!と思います。

その後、娘にせがまれて、
ドラえもんのカルタ(音声付)を買わされまして、

ドラえもんの小倉百人一首 [ 平沢茂太郎 ]

家でもつきあわされています。

最近、「ちはやふる」という
百人一首の漫画が女の子たちの間で流行っているようで、
その人気もあるのかな、
娘の友達にも百人一首好きがいます。